昨晩は冷え込みました。

この時期になると越冬できない植物を、屋内に取り込んだりしないといけなくなるので

天気予報とチェックしながら植物男子やってますWW←結構まめな男ということに40過ぎて気づく。

 

IMG_7552.jpg

今日は寒さが緩みそう。

冷たい空気に暖かな朝日が射すこの瞬間がたまらなく好きな時間の一つ。

季節ごとにリラックスできる瞬間ってたくさんある。

そんな瞬間にに自然の有難さや大切さなどをすごく感じさせられる。

 

生活には暑い、寒いなどにストレスを感じることもたくさんあると思うけど、

機械的なものだけに生活の合理化や利便性、快適性を求めすぎず、自然的なものに

対してパッシブ(受動的)になっていく部分も大切にしたいかな。

益々、建築の環境に対する考え方やそれに対する法律などは環境を配慮して考えてるという社会的イメージはあるけど

個人的にはそう考えられない面もあると感じることもある。

まずは一方的に考え方を持っていかずにバランスよく配慮していきたい。

どんな立地状況でも建築(空間)に対してはそんなパッシブな瞬間を感じられる構成を常に考えていきたい。

 

PSあずきちゃんが相変わらずかわいい。

 

 


弊社へのお問い合わせのほとんどは土地購入前(候補地検討段階)にいただくことが多くなりました。

先日もお問い合わせいただき現地確認をしてきました。

資金計画(事前審査)には購入を希望する土地等が必要ですので、おおよその予算配分(土地・上屋他等)

、望する住まいのボリューム、仕様等も加味し土地についても検討する必要があります。

土地と上屋の予算バランスが悪いと、どうしても上屋にしわ寄せがきてしまい厳しい状況になることも過去には経験あります。

ですので事前審査の前段階でいろいろなお話をしながら物件を探すというのはいろいろな意味でクライアント様、建てる側双方にメリットがあると考えています。

現地へのアクセス(車、人通り)、雰囲気、隣接道路(道路後退の有無)、近隣状況、日当たり、風通し等を確認して、気になる点をご説明し不動産に確認いただくようにお知らせし、希望する住まいへの可能性等もお話しさせていただき次のステップへと進捗していただくようになります。不動産と設計施工側双方での確認であいまいな理解だったところもはっきりと理解されて進むことで、より安心が増えると思います。

そんなことを踏まえ、今回のクライアント様へも、こちらの見解や気になる点をご説明しご納得していただき次へのステップへ進捗中です。

 

 

 


Homify  ブラジルにトウオンノイエのバスルームが掲載されました。

 

記事


IMG_6477.JPG

 

先日、Life With Dog というコンセプトで自宅をEmマガジンさん(ローカルマガジン)の取材。

 

この写真はその撮影のではありませんが、今までの自分のカットで一番かわいく全員で撮れたものです。

 

10月中のの発売かと思います。住宅デザインのことにも少し触れた文章になっています。

 

是非書店にてお買い求めいただきご覧ください!よろしくお願いいたします!

 

 


トレンド感とぬくもりをプラスする、エスニックラグの選び方

 

トウオンノイエが掲載されました。

 

 

 

Homify ロシア 記事掲載

居心地の良い美しい住宅(Уютная бетонная эстетика жилого дома)

ありがとうございます。

 

Homify 韓国 記事掲載 

涼しい都市の魅力。モダン美を最大限に活用されたコンクリート住宅5件

にMIY'SHが掲載されました。ありがとうございます。

日曜日はシニア40OVサッカー四国代表戦がありました。

四国四県の代表のトーナメント戦です。

1回戦高知代表 1-3 勝ち

決勝戦徳島代表 1-0 負け

徳島のしっかりとした安定感のあるバランスサッカーに振り回されました。。。

40歳以上といえどもしっかりとトレーニングしないと勝てないと実感。。。

課題を来季に向けて消化して楽しくサッカーができるようにしたいですね!

皆さんおつかれさまでした!

 

観葉植物をおしゃれに取り入れた日本の事例を中心に、ブルックリンのロフト、温室のある家、インダストリアルやBOHOなスタイルまで、グリーンと暮らすインテリアをご紹介します。

 

Houzzに トウオンノイエ が掲載されています。

事務所周りがはなやかになってきました!

 

オージープランツのボトルブラシの花がたくさん咲いてくれました!

 

鮮やかな赤がとても元気にさせてくれますね!

 

ここ数年、建築の在り方の一つに緑とのかかわり方が注目されているようです。

 

実際にすごく興味を持たれている方も増えてきているようですし、非常に豊かなニーズだと思います!

 

計画の段階で内外問わず緑との関係を意識して計画していきたいですね!