弊社へのお問い合わせのほとんどは土地購入前(候補地検討段階)にいただくことが多くなりました。

先日もお問い合わせいただき現地確認をしてきました。

資金計画(事前審査)には購入を希望する土地等が必要ですので、おおよその予算配分(土地・上屋他等)

、望する住まいのボリューム、仕様等も加味し土地についても検討する必要があります。

土地と上屋の予算バランスが悪いと、どうしても上屋にしわ寄せがきてしまい厳しい状況になることも過去には経験あります。

ですので事前審査の前段階でいろいろなお話をしながら物件を探すというのはいろいろな意味でクライアント様、建てる側双方にメリットがあると考えています。

現地へのアクセス(車、人通り)、雰囲気、隣接道路(道路後退の有無)、近隣状況、日当たり、風通し等を確認して、気になる点をご説明し不動産に確認いただくようにお知らせし、希望する住まいへの可能性等もお話しさせていただき次のステップへと進捗していただくようになります。不動産と設計施工側双方での確認であいまいな理解だったところもはっきりと理解されて進むことで、より安心が増えると思います。

そんなことを踏まえ、今回のクライアント様へも、こちらの見解や気になる点をご説明しご納得していただき次へのステップへ進捗中です。

 

 

 

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL